ミロとまほうのいし

絵本でありながら「結末が2通り」用意されている絵本って他にあるでしょうか。
マーカスフィースター作の「ミロとまほうのいし」はポイントが2つ。
一つはその「二通りの結末」で
もう一つは「きらきらぴかぴか絵本」
であること。

どちらも殆ど他に類を見ない絵本です。それだけで価値があります。
結末は、悲しい結末と幸せな結末。途中で「どちらに進むか」聞かれます。
そこから上下2通りのお話が進んでいきます。

挿絵の中でぴかぴかに光る素材を使用してあり、「まほうのいし」はぴかぴか美しく輝いていて、子ども達の興味を引きつけます。

ただ一点、難点といえば、(あくまでも個人的にですが)お話が良い子すぎること。人間良いところも悪いところもある。短所が長所だったりすること何てよくある、といいたくなってしまうほど、「よい子に導いてくれる」絵本です。

ともあれ、子ども達も、母も子供も大好きです。
ちなみにマーカスフィースターさんは「にじいろのさかな」でよく知られていますね。こちらも大好きです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

最新のトラックバック

おすすめ絵本

いのちのいろえんぴつ
いのちのいろえんぴつ (JUGEMレビュー »)
こやま 峰子, Michael Grejniec, 豊島 加純, マイケル グレイニエツ
テレビドラマ化もされた本のようですが、本当に感動する「命」の絵本です。
豊島加純さんの直筆の詩が、強烈に心に突き刺さる絵本です。

おすすめ絵本

つきのよるに
つきのよるに (JUGEMレビュー »)
いもと ようこ
「心打たれる絵本」としてお勧めの絵本です。子どもは子どもなりの、大人は大人なりの感動がある絵本です。

おすすめ絵本

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻
わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (JUGEMレビュー »)
中川 ひろたか, あべ 弘士
腹を抱えて笑える絵本ってそんなにたくさんありません。こちらは子どもも大人も一緒になって笑えます。是非親子で読んでください。

おすすめ絵本

くろねこかあさん
くろねこかあさん (JUGEMレビュー »)
東 君平
言葉のリズムが楽しい絵本です。挿絵はシンプルですが切りえ風でとっても素敵。耳に残るフレーズですので、赤ちゃんにもお勧めです。

リンク

プロフィール

記事検索

管理者用

携帯用QRコード

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM